NMNサプリメントは何歳から飲んでもOK

NMNとは?どんな効果があるのか

NMNとは、正式名称をニコチンアミドモノニクレオチドと言います。
ニコチンと聞くとタバコを連想ししますが、別の物質なので安心してください。
NMNは、脳を損傷から保護する役目があり記憶を司る認知機能を高めることが判明しています。
細胞から元気にすることで、認知症の予防やアルツハイマーの抑制にもつながるのです。
また、NMNは若返りの遺伝子とも言われるサーチュイン遺伝子の活性化を促します。
サーチュイン遺伝子が活性化すると、筋肉持久力が上がり酸素や栄養素を配給する新しい毛細血管が生成されるのです。
若返りの遺伝子とも呼ばれている遺伝子に働きかけるため、健康長寿を目指す方にピッタリといえます。
さらには、睡眠の汁を高める効果もあります。
なかなか寝付けない人も、NMNによって体内の機能が高まることでエネルギー代謝機能が増加し睡眠の質が上がるのです。
多くの方は、年齢と共にNMNが減少するためサプリメントで補いましょう。

NMNサプリメントは何歳から?

年齢と共に減るNMNは、ブロッコリーやアボカドなどの食品から摂取することができます。
ですが、野菜や果物に含まれているNMNは、わずかなため老化を食い止めるにも物足りないのが現実です。
大量に摂取するためには、サプリメントを使えば良いです。
しかし、何歳からサプリメントを取るのがベストなのか悩むでしょう。
結論として、人によって個人差があるため何歳からサプリメントを飲んだ方が良いという具体的な決まりはありません。
ただ、NMNは年齢と同じで減少することは判明しています。

NMNは、50代になるとガクッと減るため予防を兼ねて40代から飲んでも問題ありません。
生物が生きていく中で必要なエネルギーなので、自分が必要と感じたタイミングで飲むのが良いでしょう。
生きるためのエネルギーであるNMNは、ゼロになることはありませんが細胞や体内機能に影響はあります。
少しでも健康で若くいたいなら早めに飲むのも手です。

まとめ

NMNは、脳の機能を向上される働きがあるため認知症やアルツハイマーを抑制することができます。
他にも、サーチュイン遺伝子に働きかける効果があるので筋肉や臓器も活性化する効果があります。
NMNは、加齢になると体内から減るので自ら摂取を心がなければなりません。
ブロッコリーや枝豆などから摂取できますが、食事だけで補えるのは少量のため効果が少ないです。
大量に摂取するためにも、サプリメントに頼って体の老化を防ぎましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。